私がなぜ「栄養サポート講座」をやっているか。

腸悦プロデューサーの山本芽生です^ ^

今日は、先日クライアントさんと話していて、なぜ栄養講座を始めたかを思い出したので書き留めたいと思います。

以下、病院勤務の時の記憶。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日まで元気に栄養指導を受けてた人が、次の日に脳梗塞で運ばれて来たとき、

1週間前に元気に歩いていた患者さんが、心臓病で突然死したとき、

30歳で糖尿病を放置して、脳梗塞で四肢麻痺になった女の子を見たとき、

17歳で糖尿病歴9年、通院を何回もドロップアウトする子を見たとき、

母親の介護が大変と目の前で泣いているのに、自分のカラダを後回しで働き続ける人を見たとき、

心筋梗塞で運ばれ、それでもベッドで仕事をしている経営者さんを見たとき、

34歳で心筋梗塞を繰り返し、すごいデブなのに食べてないと嘘を繰り返す人を見たとき、

30年引きこもりの鬱の人と話したとき、

お義父さんが肝臓癌で亡くなったとき、

鬱の母を見たとき、

私が病気になった理由が学んでいく中でわかったとき、

 

ストレスも鬱も肥満も脳梗塞も心筋梗塞も内分泌疾患も
全部『腸内フローラ』と『食』で解決できたのにと、

もし、この人がそれを知っていたら、こんな風にならずに済んだのかもしれないと、

そう思ってた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上。

 

どうやったらそれができるか?
本気で考えてから約1年。

まだまだちっちゃいけど、私はそれを伝えられるようになった。

 

 

生後4ヶ月の赤ちゃんがいたクライアントさんは、思春期から悩みだった顔の赤みが完全に消えた

 

便秘薬が手放せなかったクライアントさんは、勝手にお通じが来るようになった。

 

ダイエット目的のクライアントさんは、「なんで太るとか言ってたかわかんない。」とおっしゃるくらい、管理栄養士よりも食の知識をマスターし自分の食事に応用している。

 

そして、何よりもみんなが口を揃えて言うのは「人生が生きやすくなった!」。

 

腸内フローラを変えれば、体質も性格も変わる。

本当に「食」の力ってすごい!!!

ここまで支えてくれた、夫とクライアントさん、そして多くの起業家の先輩に感謝しかない!

これからも「日本人の健康のスタンダードをあげる」ために日々精進していきます♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です