【レシピ】さつまいもの冷製ポタージュ〜和風ジュレ〜

 

こんにちは!

心とカラダを整える栄養総合専門家の山本芽生です(*^o^*)

 

今日は、寒波到来でとーっても寒い一日でしたねΣ(゚д゚lll)

私は、東京までの道のりで寒すぎてめげそうでした!笑

みなさま、風邪やインフルエンザにはご注意くださいね!!

 

ちなみに私は、食事を見直してからまだ風邪は引いてません(//∇//)

 

さて今日はリクエストのあった、

さつまいもの冷製ポタージュ〜和風ジュレ〜

のレシピをお届けします!

 

意外に少ない工程で作れるので、是非挑戦してみてくださいね♩

 

さつまいもの冷製ポタージュ〜和風ジュレ〜

材料(二人分)

〈さつまいものポタージュ〉
さつまいも   150 g
南瓜      15 g
玉ねぎ     15 g
顆粒コンソメ  ひとつまみ
生クリーム   5 g(なければバターでもOK)
岩塩      少々

〈和風ジュレ〉
和風出汁    100 ml(顆粒だしを溶いたものでもOK)
醤油      小さじ1/2
岩塩      ひとつまみ
ゼラチン    2 g(液体の2%)
チャービル(セルフィーユ) 適宜

作り方

〈さつまいものポタージュ〉
さつまいも南瓜は皮を剥き、5mmにスライスする。
 玉ねぎは、繊維を断ち切る方向にスライスする。
 (玉ねぎは繊維を断ち切ることで甘みが出るのと、ミキサーなどにかける時に筋が残りません☆)

②①を全て鍋に入れ、ひたひたになるくらいの水で柔らかくなるまで茹でる。
 (時間を短縮したい場合は、さつまいもと南瓜をレンジ強で5-7分加熱する。)

③具材が柔らかくなったら、ミキサーにかけ滑らかにする。
 (ザルで裏ごしてもOK!)

④お好みの柔らかさになるまでを足して、顆粒コンソメ生クリーム岩塩で味を整える。

〈和風ジュレ〉
和風出汁を温める(レンジでOK)。
(鍋で加熱する場合は、和風出汁の量を1.2倍程度にすると、固まり過ぎないです!)

醤油岩塩ゼラチンを加え、冷蔵庫で冷やし固める。

〈盛り付け〉
さつまいものポタージュを透明なグラス(できればフルートグラスやカクテルグラス)に流しいれる。
 (フルートグラスを使用する場合は、生クリームについている絞り袋を使用する。)

⑧固まった和風ジュレをスプーンで細かく崩し、⑦の上に乗せる。

⑨最後にチャービル(セルフィーユ)を乗せて、完成☆

 

 

フルートグラスに入れると、よりおしゃれに♡

 

ポタージュも火にかけてしまえば後は放っておくだけなので、とても簡単です!

ブレンダーを使用して滑らかにすればより簡単に出来ます(*^^*)

クリスマスや記念日にいかがでしょうか??

 

 

 

使用している材料のさつまいもは、食物繊維カリウムが豊富!

 

食物繊維は、自分のお腹に飼っている” 腸内細菌(のうちの善玉菌) “のエサになります!

実は、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂っても自分の腸に定着することはないんです(T ^ T)

(自分のお腹の善玉菌の生育環境を整える効果はあります!)

なので、” 自分の善玉菌 “を育てて上げるには食物繊維の多い、野菜豆類海藻きのこなどを多めに摂ってあげましょう♩

善玉菌が増えれば、免疫力アップだけでなく、実は精神的な安定にも繋がるんですよ☆

 

カリウムは、塩分の排泄を促してくれる栄養素(*^^*)

むくみやすい方は、カリウムの多い野菜類を多めに摂りましょう☆

 

 

何よりも、手作りのものを食べるって幸せ~ですよね(//∇//)

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です