「ムカつく」という感情をプラスのエネルギーに変えよう

こんにちは。管理栄養士の山本芽生です。

 

最近、大好きな料理が出来て、新しいお仕事も頂けて、

素敵な仲間がいる環境があって、毎日が幸せで感謝しています。

とはいえ、

やっぱり落ち込む時はあるし、全部放り投げたくなる時もあります。

でも、そんなとき、心の受け取り方を変えるようにしたんです。

今日はそのことについてシェア出来たらと思います。

 

 

「あの人ばっかりちやほやされてムカつく。」

「旦那がゴロゴロしてばかりでムカつく。」

「上司が全然働かないくせに好き勝手言ってきてムカつく。」

あー、やだやだ。っていうとき、「考えるのやめよ。」って思うことありませんか?

実は私もそうでした。

 

ネガティブな感情だから持ってたらよくない。

私がいけないんだ。相手がいけないんだ。

なんて思って、すぐ「ぽいっ」てその気持ちを見ないフリをしていました。

 

でもそれってすっっごく勿体無かったなって。

なぜなら、自分が変化するきっかけになるとわかったからです。

 

「感情を抱く人=興味のある人」だということを認識した

「ムカつく」「羨ましい」「素敵」「大好き」。

自分の感情が湧くのは、相手に興味があるから。

例えば、全然知らない人にこんな感情は抱きません。(私は)

アンチの人も、その人にめちゃくちゃ興味を持っちゃってる

好きも嫌いも一緒。

温度計でいうと高温か低温かの違いと一緒で、目盛の位置が違うだけ

よく好きの反対は無関心と言いますが、

私はこの「ムカつく」という感情を抱いた人を

無関心の人カテゴリーに勝手に入れてしまってたんです。

「その人について考えるのはやめよう。」「私は私!」ってちょっとこじらせていたんです。

 

何が「ムカつく」のかを考える

「ムカつく」って思っている時点で感情が動いているので、その人に無関心なワケありません。

こじらせても無意味。

じゃあどうするか?それは、、、

 

何が自分をムカつかせたのかを考えるんです。

 

頭の中で悶々と考えても、私の場合は出てきません。

そこで、「0秒思考」です。

これについてはShinさんのブログにわかりやすく解説があるので参考にしてくださいね。

 

例えば、「なぜあの人がムカつくのか?」とタイトルに考えたとすると、、、

なんと!!!

最終的には、自分がどうしてたいのか、どう在りたいのかが見えてくるんですね。

ちなみに、自分が今足りないところなんかも見えます。)

 

そして、どっちがいけないとかそんなことではなくて、

ただ単に自分がそんな風に勝手に受け取っただけだということにも気付けます。

(相手が「人のこと考えてるかどうか」なんてわかりませんから!)

 

感情を無視し続けたら、自分がどうなりたいか、どう在りたいか

全然わからなくなってたところでした。

 

それがわかった後はどうする??

わかっただけ、気付けただけでもすごく自分って面白いな〜って思うけど、

私は、ちょっとだけ行動を変えます

一気になりたい姿になれるワケじゃないけど、少しなら出来ますよね。

例えば上の例で「好きに振るまいたい」んだったら、

いつもより人のこと気にせず何かやってみるとか、言いたいこと言ってみるとか。

 

ほんの少し行動を変えることを積み重ねるだけで、

あっという間に今までいた場所と景色が違いますよ!

保証します。

 

これに気が付いたとき、日々の食事も一緒だなって思いました。

毎日毎日きちきち出来るワケじゃないけど、

いつもよりちょっと良い食習慣に変えるだけ

いつの間にか心も身体も過去の自分とは別物になってるなーって。

 

まとめ

マイナスの感情だと思った時は、それを否定せずによく考えて、

プラスのエネルギーに変えましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です