放任主義で育った私が感じていたことと、親の想いは大分違った

   

  心とカラダを整える栄養総合専門講座にご興味のある方、 ご質問、ご相談がある方、ぜひLINE@をご登録ください♡ お得情報をいち早くご案内させていただきます。 また、ご質問などもこちらから承っております。 お気軽にご相談ください! ↓お友達登録はこちら↓ ==========================================

 

こんにちは。管理栄養士の芽生です。

 

今日は完全に私のプライベートな話なので、興味ない方は戻るボタンをお願いします。

実は私反抗期が人より長くて、大学入ってもあんまり両親と話してきませんでした。

小さい頃からすごい放任主義で、高校も大学も旦那も自分で決めて(旦那は当たり前か!)「あなたの選んだことならどうぞ。」という感じで一度も反対されたこともなく、

夜遅く返っても「あれ?帰って来てなかったの?」と言われ、

「習い事をしろ」とか「塾に行け」とか「勉強しろ」とかも全然言われないような家庭でした。

両親共に働いていたこともあり、いつもお爺ちゃんお婆ちゃんと一緒にいて、褒めてくれるのはいつもお婆ちゃん。

兄もいましたが、年齢が離れていたこともあり、ほとんど一人っ子状態で誰と張り合うこともなく育ちました。

保育園や小学校の頃は、自宅にあまりいない両親に対して「いい子にしてるよ」というメッセージを伝えたい気持ちが強く、

お婆ちゃんとか先生とかに褒められたことを両親に披露することが日課でした。

でも、いつも父や母は私が思ってたよりも反応が薄くて、なんかもっといいものを見せなきゃ駄目なんだと感じていました。

中学くらいで自然に反抗期が来て、ほとんど父とは口を利かなくなり、母ともあまり話さなくなり、そのまま父とはあまり話すことなく大人になってしまった感じでした。

昨日、トリイさんの記事を読んで、私は子どももいないし、両親ともあまり話して来なかったので、体感出来てないのかなーと思い、すぐに両親を食事に誘って昔のことを聞いてみました。

 

母の想いと父の想い

私の全然知らなかった話が沢山出てきて、そんなことあったのかということだらけの話だったので、忘れないようにここに書きます。

私の兄の話ですが、兄は小学校での本読みが全然出来なくてイジメられたことがあったらしく母が勉強を見たり、学校に行ったりなどして、長い間心配をしていたようです。

勉強がちょっと出来ないだけでこんなに大変な思いをするんだと感じ、父は今でも兄のことを心配していると言っていました。

それに比べて私は、幼い頃から勉強も普通に出来て、友達も普通に出来て、トラブルもなく、誰を困らせることもなく育ったため(これは親の感想)、両親は本当にただ安心したんだと。

しかも、末っ子で女の子で、いとこもほとんど男の子ばかりだったので、家族親族全員が「この子は可愛い」という認識だったから、相当甘やかされたんだよと言われました。

うん、確かに雛人形10体くらいあったわ。。。

母は「お兄ちゃんのときは、こんな風になって欲しいって期待をかけて育てていたけど、あなたのときはそのままで自分の好きなように育ってくれればいいと思っていたのよ。」と言ってくれて、泣くのをぐっと堪えました。。

私が入院したときは、母も仕事が丁度忙しく、

毎日40分くらいかけて職場から病院に行くことが本当にしんどかったこと、

進路よりも何よりもこれからの私の体のことが心配だったこと、

母自身もその後うつ状態に陥ったことなど、

全然知らなかった話が沢山聞けて、心配した姿をあまり見せずに育ててくれたんだなと気がつきました。

父は、父自身が祖父からとても厳しく育てられ(ぼこぼこにされてた様子)「子どもには出来るだけ怒らないようにしよう。」という考えがあったようでした。

「でも、特に怒るようなことはしてないし、心配するようなこともなかったよ。」と言ってくれました。

 

今まで、「放任⇒承認されてない、期待されてない」と思っていたのですが、「そのままの状態で承認されていた」んだということを、今日はじめて話してみて知ることが出来ました。

ほんとに今までよく話して来なかったので、ちょっと緊張したけど、ちゃんと話してみると「私ってまだまだ子どものままだったんだなー。ちゃんと愛されてたんだなー。」と気付き、今感じている感謝の気持ちを伝えてかなきゃいけないなと感じました。やっぱり親ってすごい!

最近、栄養指導で感じること

栄養士も人間です。

なんかこの人ちょっとやだなーって思うと、ちょっと指導も雑になります(どんだけ集中してても)。

でも、やだなーというのは表面だけで、その人の真意が見えるまで話をすると自然と「この人を助けなきゃ」ってなるんですね。

本当は誰でも話の裏に「未来を明るくしたい」とか「誰かのために自分を変えたい」とかポジティブな想いが隠れてるんです。

でも、よく話を聞かないとそこまで見えてこない、本人も気がついていないことが多いんです。

私自身も、今まで両親の話を聞いてこなかったので、見えてない部分が沢山あったんだなと反省しました。

 

明日からも頑張ります!!

 

 

 

 - マインド