自信がなくても起業できる??

 

 

腸悦プロデューサー 山本芽生です。

 

 

 

最近、起業してみたい!って方によく相談される「 自信がない 」について

私なりの考察をまとめたいと思います。

 

 

 

 

私も、実は「 自信ない 」人間でした。

 

 

 

14歳で入院して、自分が右目を失明する難病にかかり、ダイエット、肌荒れ、生理不順、鬱と色々やって、

病院でも死んでく人を何人もみて

「 予防医学を広めて、人の健康に寄与したい! 」と思ってスタートした起業。

 

 

 

 

しかし、1回の栄養カウンセリングするのに、前日から大騒ぎ!笑

 

・旦那さんにスライドチェックしてもらう

→専門性が強すぎてなに言いたいかわかんないと言われて、落ち込む

(3時間くらいかけて一緒に作り直す)

 

・カウンセリング中も、「自分の思ったような反応がない」から、さらに落ち込む

 

・どうやって、自分のビジネスだけで売上を上げていくのか、方法(ノウハウ)は知ってるのに、それが思うようにできなくて落ち込む

 

・自分には、ビジネスなんて向いてなかったのかもと思って落ち込む

(そもそも会社では仕事ができる方だったから、会社員の方が楽かもしれないと思い始める)

 

もう、落ち込む思考にしかいかないっていう負のスパイラルでした。笑

 

 

 

で、なんでこんなに落ち込むかっていうと、

薄々わかったと思うのですが、

「 すごい完璧主義 」だったのです!!!恥

 

 

 

で、このままだとまあしんどいので

「完璧主義」を捨て、「自分が未熟者」だと完全に受け入れたことで、

ビジネスが本当にうまくいくようになりました。

 

 

 

 

 

自分の知識で人の健康に寄与できるってことは知ってるけど、

ビジネスの進め方も勉強して知ってたけど、

 

「 やったことないもんは、はじめからうまくいかなくて当然。 」

(わかるとできるは全然違う!!!)

 

 

 

だけど、やっていくうちに、お客様の望む未来が見えてきて

「もう少しこうしたら、伝わるかもしれない!」

「こんなサービスを付け加えたらいいかもしれない!」

「こんなことがわかんないとわかったから、あの人に聞いて見よう!」

となるのです。

 

 

 

これは、やる前から「 妄想 」するのとは全然違う。

 

 

 

 

例えば、チャリの練習と一緒で、

最初からスイスイ乗れる子どもってほぼほぼいないわけで、

段々乗れるようになる。

補助輪つけたり、コケたりしながらも、続けることで結局乗れるようになる。

 

 

 

乗れるようになる前に、どんだけ頭の中でシミュレーションしたとしても

乗れるようになる子どもはいない。笑 (多分w)

 

 

 

 

 

どれだけ綿密に計画したとしても

どれだけ勉強してノウハウを集めたとしても

どれだけ勉強して栄養学の知識をつけたとしても(笑)

 

たった1回挑戦する人には、到底敵わない。

 

 

 

 

 

で、やっていくうちに、自分の能力を必要とする人がどこにいるか、つまり持ち場を知ることができる。

(もちろん、コンサルタントをつけたらその辺を見極める方法は教えてくれる。)

 

 

 

 

どんだけしょぼいと思ってる自分の能力でも、待ってる人がいる。

 

 

 

 

「自信がない」からやらないのではなくて、

「自信がない」ままでやってくことで、勝手に自信は育ってくのです。

 

 

 

で、最短ルートを辿りたければ、やってことある人に聞く。

これが一番早い。

 

 

 

あなたの自信を90分で引き出す、個別セッションはこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です