健康で過ごしたい?じゃあ身体の中にあるシーソーのバランスをよくしよう

こんにちは!管理栄養士の山本芽生です。

 

今日は、私のお客様で「聞きまとめライター」の飛花くるみさんに

私の個人セッションの一部を記事にしていただきました。

食事は健康で綺麗な身体だけじゃなくて、心も作りますよーというお話。

 

ちなみに、このセッションの後

「気付いたら甘いものへの欲求が減っていた!」

「コンビニに寄り道していた旦那さんが真っ直ぐ家に帰ってきた!」

などのお声をいただいております。

 

なぜでしょうか?その秘密の一部を公開致します!

 

 

身体の中にシーソー?

なにそれ?

 

きっと頭の中に「?」が浮かんでますよね。

 

今回は健康に過ごすために、

いったい、何に最優先に取り組めばいいのか

についてお話します。

取り組むべきことは、けっこうシンプルです。

 

今日からスタートできる、

とっても簡単なことも最後にお伝えしますね。

 

あなたの健康を守っていくために、

ぜひ知ることからはじめましょう!

 

身体の中のシーソーってなに?

交感神経と副交感神経。

 

このキーワードは聞いたことありますか?

 

交感神経とは、身体を活発に動かす役割があり、
こんなときにスイッチが入ります。

 

  • 活動中
  • 緊張している
  • ストレスを感じている

 

副交感神経とは、身体の回復をうながす役割があり、
こんなときにスイッチが入ります。

 

  • リラックスタイム
  • 眠っている間
  • ゆったりとした呼吸をしている間

 

つまり、私たちの身体の中では、

この交感神経と副交感神経がシーソーのように

入れ替わりながら、はたらいているのです。

 

シーソーなので、どっちかだけに偏ってしまうと

面白くないですよね。

 

身体の中でも同じ。

どちらもバランスよくはたらいていれば、

機嫌よく、スムーズに物事がはこびます。

 

けれども、どちらかに偏り過ぎると、

不機嫌になり、トラブルの原因に。

 

交感神経と副交感神経。

どちらもバランスよくはたらいてもらうのが、

健康への近道なのです。

 

ちなみに、交感神経が優位な間は
常に、敵と戦っている状態に近いんですね。

 

だから、その状態が続くと、身体や心の疲れが抜けにくくなります。

 

ずっと戦っているって、

考えただけでも疲れてしまいますよね。

 

本当に集中したいときに、ちゃんと力が出せるように

身体の中のシーソーを、うまいこと動かすことが大事です。

シーソーのバランスが偏りがちだとどうなるの?

交感神経と副交感神経は

バランスがよい状態なのが、健康でいるための近道だといいました。

 

でも、そのバランスが崩れちゃったら、

いったいどうなるんでしょう?

 

身体の不調がでやすくなります。

 

咳がゴホゴホ。

鼻水グズグズ。

 

風邪にかかっても、治りにくい。

治ったと思ったら、また次の風邪へ。

寝込むほどじゃないけど、なんとなくだるい。

 

そんな日々が続きます。

 

さらに

心の不調をまねきやすくなります。

 

ささいなことにもイライラ。

物事がうまくいかないように感じてムカムカ。

気分のアップダウンが激しく、うつっぽくなる。

 

心にも影響がでてくるのです。

 

健康で過ごすためには、どうしたらいいの?

身体の中にある

交感神経と副交感神経のシーソーのバランスをとるのが大切。

 

ただ、これについては分かったけれど、

実際に何をすればいいのかが、気になりますよね。

 

いまどっちに傾いているのか、
リアルタイムで知ることも難しいですからね。

 

じゃあ、具体的になにをすればいいの?

 

健康で過ごしたいあなたが、

具体的にやるべきこと。

 

それは、

「食事を見直すこと」です。

食べるものの内容を整えるだけで、

身体の中のシーソーのバランスをとりやすくなるのです。

 

シーソーを支配しているのは脳と腸内フローラだった

 

交感神経と副交感神経のシーソー。

 

バランスを整えてくれるのは、「脳」だけではないんです。

 

お腹にある、「腸」も大きく関わってきます!

 

腸そのものもそうですが、実は

「腸内フローラ」もこのシーソーを支配しています。

 

腸内フローラとは、腸の中に住んでいる細菌たちの総称。

 

私たちは、お腹の中に膨大な数の細菌たちを抱えているんです。

その数、100兆!

腸内フローラについて語りだすと

長~くなってしまうので、また今度にしますね。

 

腸内フローラを整える食事に関しては、この記事も参考にしてみてくださいね。

 

シーソーのバランスを整えるために良い食品は?

ひとつだけ言えるのは、
たくさんの食材を取り入れるべきだということ。

 

  • ダイエットしてるから、おかずの数は少なめに
  • 料理が面倒だから、パンやおにぎりばかり食べている
  • スイーツ食べたいから、食事の量を減らしている

 

このような食事のとり方は、
交感神経と副交感神経のバランスが乱れる原因になります。

 

だから、まずは
より多くの食材を取り入れることに焦点を当てていきましょう。

 

もちろん、単にいっぱい食べようって言ってるわけじゃないですよ。

 

「様々な食材から、いろんな栄養素をとる」

これが重要です。

 

食事を整えるのは、ちょっと大変そう。

 

そう思っちゃったあなた。

すぐに今日から取り組めることがありますよ!

 

たったこれだけ?今日から簡単にできること

交感神経と副交感神経のバランスを整えるためにできること。

 

それは

食事の際に、よく噛むこと。

 

いつもより、ちょっとだけ噛む回数を増やす。

 

これだけで、身体は喜びます。

 

まとめ

 

身体の中では、交感神経と副交感神経が交互にはたらいています。

 

そのバランスがとれていれば、
私たちは健康でいられます。

 

身体の中で、リズムよくシーソーができるように、

食事の面からサポートするのが、一番いいですよ

というお話でした。

 

この記事を書いたのは

飛花くるみ さん

聞きまとめライター。経営者や個人事業主向けにブログ記事代行サービスを提供中。
「伝わる!ブログライティング個人レッスン」も。
運営中のブログ:http://hikakurumi.com

 

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です