管理栄養士の私が、起業コンサルをなぜ始めたか?①

腸悦プロデューサーの山本芽生です^ ^

10月〜スタートした腸悦カレッジの「起業コンサル部門」。
*栄養サポート講座も、まだ続けています。

なぜ、私がこれをなぜ始めたかって、
それはもう人生かけようと思うくらい「 熱量 」があるからで、
そのきっかけを書いていこうと思います。

「起業」という経験を通して、私が得たもの。
それを、私のクライアントさんには120%いや500%で提供したいから。

*興味ない方は、ここで閉じてね♡

 

 

 

2017年2月。私は、田舎の総合病院で臨時職員として時給1,040円で管理栄養士として栄養指導の仕事をしていました。

その時点で約3年間はそこで働き、特に不満もなく(というかむしろ楽しく)過ごしていました。

患者さんと話すのも好き。

資料を作るのも好き。

栄養学や医学、生化学の勉強も大好き。

病棟で栄養管理するのも好き。

だけど、なんか物足りない、、、、、

 

そう思い始めた時期に、プチ事件が発生しました。笑

なんと、同じ臨時職員の子が正規職員として働き始めることになったんです。

私から見たらどー考えても「仕事できない」やつだった。(今はそんなこと思ってないよ!この頃性格ブスだった。笑)

 

かと言って私は「 転勤族の妻 」だったので、正規職員になるという選択肢もなかった。

 

「あー、なんで世の中、能力給じゃないんだろー」
「私、旦那が転勤することで、ずっとこのバイトみたいな生活を続けるの?」
「このまま子どもができて、職を失ってもいいの?」
「本当にいいの?????」

 

「マジで、嫌!シゴトも続けたいし、お金ももっと稼げるようになりたい!!!!」切実

 

 

14歳で入院して死にかけた時から頭の片隅にあった「 起業 」。

 

いつもメルマガで見てた鳥井謙吾さんの「マーケティング実践大学(今は、ファーストペンギン大学とかかな?)」。

 

ちょっとだけのぞいてみよ〜〜。

 

軽〜い気持ちで入ったのが2017年4月。

そこから、私の人生が180度ひっくり返る出来事の連続でした。。。。

 

続く

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です