【レシピ】皮はパリッ中はジューシー!グリルチキン

 

こんにちは!

心とカラダを整える栄養総合専門家の山本芽生です(*^o^*)

 

最近お会いした85歳のおじちゃん。お肌ツヤツヤで、スタスタ歩くおじいちゃん。

好き嫌いなくなんでも食べ、毎日1時間のウォーキングを50歳から欠かしていないとのこと!!!

積み重ねって大事ですね。ニコニコ笑顔がとても素敵なおじいちゃんでした(*^o^*)

 

今日のレシピは、皮はパリッ中はジューシー!な『グリルチキン』!

いつもの食卓にも、ちょっとお祝いの日にもお手軽なメインディッシュです!

皮をパリッと焼くコツは、オーブンを使うこと!

オーブンがなければ、トースターでもOKです☆

 

 

皮はパリッ中はジューシー!グリルチキン

材料

鶏モモ肉     1枚
ハーブ塩     適量
にんにくスライス 1片
オリーブオイル  適量
ローズマリーかタイム(あれば)

 

作り方

①オーブンを250℃に余熱する(加熱時間は10分)。

鶏モモ肉を開き、半分にカットする。

③鶏モモ肉の両面に、ハーブ塩スライスしたにんにくを振る。

④ジップロックに、ローズマリーかタイムを入れ、全体に回るくらいのオリーブオイルを加え15分漬ける(前日に漬け込んでもOK)。

⑤④をフライパンで、皮目から焼き色が付く程度に加熱する。
(中に火が通らなくてもOK!)

⑥⑤を天板に皮目を上にして並べ、250℃10分焼けば完成☆
(途中で焦げそうなら、アルミホイルをかければ焦げませんよ!)
*トースターの場合は、アルミホイルで巻きましょう!

 

 

シンプルにレモンだけでも、トマトソースを添えても美味しくいただけますよ♩

オーブン料理は、放って置くだけコンロを占領しないのでオススメの調理法です☆

 

ハーブを使うことで、塩分も控えめにできるし、ちょっと本格的な味になるので一石二鳥ですね(//∇//)

ローズマリーは、抗酸化作用があるため、お肉と一緒に漬け込むと肉の脂の酸化を防いでくれるらしいですよ!酸化した脂は血管を痛めやすいので嬉しい効果ですね(^^)

 

そして、鶏肉は、” タンパク質 “が豊富!

タンパク質は筋肉や皮膚を作るだけでなく、身体の中の代謝を司る酵素の材料になったり、栄養を運んだり免疫力をあげる血液の細胞の元になったりなど、食べ物から摂ることが不可欠ですよ(*^^*)

美味しく健康な身体を作りましょー☆

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です