30歳を迎えて思うこと。正しいか楽しいかだったら、楽しい方が正しい。

 

心とカラダを整える栄養総合専門家の山本芽生です(*^o^*)

 

吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑はず。五十にして天命を知る。六十にして耳順ふ。七十にして心の欲する所に従いて、矩(のり)を踰(こ)えず。

孔子 〜ウィキペディア

「立つ」は「独立」する、という意味。
自身の学問の基礎が充実したものになり、自分なりの考えをまとめることができる、ということです。
「他人から学ぶこと(インプット)を充実させ、独立した自説を持てるようにしなさい」ということです。

https://matome.naver.jp/odai/2136614011087751601

 

30歳になりました╰(*´︶`*)╯♡

ここ9ヶ月を振り返ると、自ら環境を変えたことで1年前の自分からは考えられないくらい行動も考え方もガラリと変わった年でした。

多くは語りませんが、現時点での大きな気づきを自分の備忘録としてここに書き留めさせてください。

 

① 自分でコントロールできるのは、自分の行動と感情だけ

② 自分が相手に対して言った(思った)言葉は、そのまま自分に返ってくる

③ 人を動かそうとすることは、ただの傲慢
人を理解しようとすることは、愛がある証拠

④ 正しいを追い求めた先が楽しいなのか、苦しいなのか自分の価値観を大切にする

⑤ 一人でわかった振りをするのは本当の馬鹿だ

⑥ 人生は”快”か”不快”かの選択で、それは現在の主観で決まる
だからこそ、過去を変えたければ選択を変える方が懸命

⑦ 与えることと与えられることはどっちも同じ

⑧ 結婚に妥協しないことが” 縁満家族 “の第一歩

⑨ 食で人の考え方を変えられる
ということは、未来を創っていける

⑩ 100%完全は存在しないし、主観でしかない

 

30歳にしてを戯論を言いますと、

私は、1番好きな人と結婚する方法の解を得ました。

そしてこれが間違いなく ” 縁満家族 “の秘訣だと確信しています。

それは、今の相手を1番に変えることも可能です。覚悟があれば。

健豊食を創れるようになれば、未来を創れます。

 

最後に、私の親友より

自分を痛めつけるような努力の仕方はやりすぎです。

幸せな誕生日をありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です