生きてるときくらい楽しむと決めたとき。

 

 

腸悦プロデューサーの山本芽生です(^o^)

 

 

 

病院の脳外科病棟にいたとき、あるお婆ちゃんが

『お腹が痛いからさすって欲しい』と言ったので

そのまましばらくお腹をさすっていた。

 

食事はそこそこしか食べられなかったけど、

口は達者で『ありがとう』を何度も何度も言ってくださった。

 

 

 

次の日、そのお婆ちゃんは亡くなった。

 

 

 

 

そのときは本当に悲しくて、寂しかった。

 

 

けど、痛いときに全力で痛いと表現し、

して欲しいことを口にできるそのお婆ちゃんは

素敵だと思った。

 

 

 

 

 

他人の期待に答えようとするばかりの人生ではなく、自分が真に生きたいと思う人生を生きる勇気を持っていたかった

 

 

死ぬ時にそんな風に思う人を1人でも減らすことが
今の私のやりたいこと。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です